Top

佐賀県多久市にある和光保育園のブログ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<   2014年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
降誕会 ー親鸞様のお誕生日ー
a0323443_1550128.jpg

a0323443_1550561.jpg

a0323443_1550934.jpg

5月21日は浄土真宗の開祖、親鸞様のお誕生日です。

子供たちは献灯、献花、献香を行いました。お灯りは仏様の知恵、お花は仏様の優しさ、お香は清らかな心を表しています。会は進み園長先生のお話を聞いたり、みんなで歌を歌ったりしました。
ひとりひとりが誕生した喜び、ご先祖様の御蔭で繋がっている命。

新緑豊かな初夏、園庭にツバメが巣作りを始め、子供達は畑に夏野菜を植えました。
命の尊さ、感謝の気持ちを育んでいます。

担当 林田 平成26年 5月21日
[PR]
by wakohoikuen | 2014-05-30 15:48 | 平成26年度
母の日
a0323443_15482012.jpg

全職員で作った手づくりのカーネーションのコサージュをつけて、『お母さん、大好き』『ありがとう』の想いを言葉や表情で伝えました。(3、4、5歳児の幼児クラスはメッセージを添えました。)

お母さんに抱きつく姿が見られ、母親の『産まれてきてくれてありがとう』という表情や想いが伝わってくるようでした。

幼児クラスでは子ども達の感謝のメッセージに涙ぐんだり笑顔や少し照れた顔などそれぞれ一人一人違った表情が見られました。子ども達にも同じような表情が見られ、ほのぼのとしたいい時間を過ごすことが出来ました。

平成26年5月9日 担当 森の子(1,2歳児クラス)高塚
[PR]
by wakohoikuen | 2014-05-10 15:47 | 平成26年度
園庭にある畑
a0323443_1547978.jpg

a0323443_15461732.jpg


春の畑にはえんどう豆とキャベツが実をつけています。
当日はキャベツの収穫をしました。夏野菜のトマト、なす、ピーマン、きゅうりは
今後植えて育てる予定です。

大きく育ったキャベツを喜び、数人の子どもたちが興味をもち収穫に参加しました。

葉の上にいた青虫に関心を示し、青虫探しの始まり!
青虫を見つけると、キャベツの葉と一緒に虫かごに入れて観察する姿があり、『なん
のちょうちょになるんだろう?』と成長を楽しみにしていました。

収穫したキャベツは、とっても立派で、その日の給食のお味噌汁に入り子どもたちは『美味しい』『甘い』と言ってもりもり頂きました。

担当 田口    平成26年5月8日
[PR]
by wakohoikuen | 2014-05-10 15:45 | 平成26年度
5月園だより
五月。爽やかな風、ちょっと冷たく感じるものの触ってみたい水。
山々、田畑や道端の勢いある緑。自然がいっそう豊かに感じられる素敵な月です。

『子どもの日』の鯉のぼり作り。出来るところは子ども達で、出来ないところは職員が助け、各クラス、それぞれの発達に応じて遊べるように工夫し、ユニークで素敵な鯉のぼりができました。
すでにクラスで遊んでいるところもありますが、今週から続く連休には是非、一緒に遊んでみてくださいね。子ども達の成長過程には、テーマパークより

自然の中や身近な遊びで身体を動かし、五感を使って遊ぶ『遊び』が必要です。テレビゲームやテレビは、内容が充実しているものでも一部の感覚しか使わず、自分の体験にはなりません。

それより、何かを作るとか、戸外や公園で家族と遊ぶ、散歩など五感を働かせる遊びを楽しめるようなことを一つでも多く計画しましょう。

やることが多い大人にとってはテレビやゲームは、子ども達を静かにしてくれる助っ人ですが、後から後悔することに!乳幼児期は身体を動かすことが脳を働かせることにつながります。

今の大人のちょっとの頑張りが、後の子ども達も成果に表れることを信じて遊びを選んでくださいね。
[PR]
by wakohoikuen | 2014-05-10 14:53 | 園だより
「母の日」ってどんな日?
5月11日(日)は母の日です。母の日ってどんな日なのでしょう。お母さんに『ありがとう』っていう日、想う日、を形に表す日?

お母さんは仕事をして、家族のことを思いやり、気を配り、家事や子育ても。だから、皆いくつになっても感謝して…
でもね。『感謝されて当然という日』ではないのかもしれません。大人も完全ではありません。一生懸命しているから間違っていない
とは、言い切れません。しかし、大人は判断し、家庭の舵取りをしていかなくてはいけません。だから、間違えることも。
たまには『本当にごめんなさい』の時も。
そんな私たちは『感謝されて当然』と自分で思う存在ではないかもしれません。感謝することは、幸せな気持ちになる始まり。
『お母さん、ありがとう』の気持ちに対して、《ありがとう》という感謝の気持ちを持つことが、本当の幸せを育んでいきます。
乳幼児期の子ども達のお母さんへの想いは『お母さん、大好き』『お母さんも大好きだよ。これからもよろしくね』の日に!
[PR]
by wakohoikuen | 2014-05-08 15:43 | 園だより