Top

佐賀県多久市にある和光保育園のブログ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ:平成25年度( 14 )
節分と節分ランチ
2月3日(月)は、節分の日でした。

空と風の子さんたちは運動場を駆け巡って、思いっきり走りまわり、

手づくりの鬼のついた枡と豆を使って鬼退治をしました。

3時のおやつに自分の年の数だけ炒った大豆を食べました。

乳児の子どもたちは炒り大豆ときな粉ボーロを食べました。

今年も病気や怪我などなく、元気いっぱい登園してくれるように願っています。



2月5日は月に一度のランチの日でした。

鬼に形どったそぼろご飯や園児のお家から頂き、保育園で展示していた晩白柚(バンペイユ)が食べごろでジューシーでした。

子どもたちはご飯が鬼の形だったので、大喜びでした。

日頃より給食では豆を多く使っていますが、今回のメニューも大豆やひよこ豆、小豆と豆づくしで栄養満点でした。

栄養もたっぷり、見ても、食べても楽しく美味しいランチの日となり職員、子どもたちの喜んだ様子が見受けられ給食室も嬉しく感じました。

節分ランチメニュー (そぼろご飯、トマトシチュー、豆カレーコロッケ、冬野菜和風サラダ、晩白柚、さつま芋チップス)

3時のおやつ:豆大福
[PR]
by wakohoikuen | 2014-02-09 14:48 | 平成25年度
子等子等(こらこら)の会
a0323443_14454224.jpg

a0323443_14454314.jpg

第61回となる子等子等の会、踊りや劇、言葉遊び、自分で考えた洋服を身にまとい、子ども達が自然体である 日常の遊びの中から取り上げたものをプログラムとして舞台の上で演じ、披露し、その姿を保護者の方々に見て いただく会です。

当日は緊張している子、わくわくしている子などひとりひとりが様々な感情を抱いてる表情が見られました。 舞台の上にあがること、お家の方の前でたくさん披露すること、日常とは異なる状況の中でも、その子らしく 演じたり、自分の役割を全うしようとする姿が見受けられました。

舞台上でも子どもたち同士で助け合い、考え、 解決し、自分たちの力で作り上げていく様子に子どもたちの立派な成長を感じました。

終わったあとは緊張の糸も 解け『楽しかったー!』と達成感と喜びに満ちた言葉と表情がとても印象的でした。
[PR]
by wakohoikuen | 2013-12-09 14:44 | 平成25年度
芋掘り
a0323443_1441096.jpg

a0323443_144166.jpg

北島さんにご挨拶をしたあと、さっそく芋掘りです。

春に自分たちで芋さしをして芋がどんなに成長してるのか年長児、年中児のさくら、すみれはこの日を楽しみにしていました。

初めての年少児のちゅーりっぷは畑に行って、

さっそく掘り始める子もいれば未体験のことで、年上の子達が掘っている様子を観察している子もいました。

『ちゅーりっぷさんここに芋あるよ!こうやったらでてくるよ!』と年上の子どもたちが言葉や行動で見本を見せてくれて、年下の子たちのことをよく気にかけてくれました。

異年齢の子どもたちが協力しあう姿が多くみられた芋掘りでした。

その後(11/18)の焼き芋会では北島さんを御招待して美味しく頂きました。
[PR]
by wakohoikuen | 2013-11-10 14:40 | 平成25年度
多久まつり 子どもみこし
a0323443_14373347.jpg

孔子廟がある多久聖廟周辺で様々な秋のイベント(釈菜、多久まつりなど)の中の一つの子どもみこし。

多久市内の幼稚園、保育園が豊かな秋の自然の中みこしを担いでまわります。

今年の和光保育園のおみこしはたくさんの果物やお米などをのせて“実りの秋”というテーマ行われました。

おみこしには神様がいらっしゃってお祭りは秋の実りに感謝する為に行われることを伝えると子どもたちで話し合い果物やお米などをのせることとなりました。

『わっしょい わっしょい おみこしわっしょい ピッピッ 和光! ピッピッ さくら ピッピッ すみれ みんなで一緒にがんばるぞ! ヤッ!』のかけ声で

お父さんお母さんの声援も受け元気にみこしをかつぎました。
[PR]
by wakohoikuen | 2013-10-27 14:37 | 平成25年度
園外保育
一週間に2、3回の園外保育を子どもたちは楽しみにしています。

実り多い季節でもあり充分に自然や秋を感じつつ30分程お散歩をします。

様々な自然を五感でたくさん感じとり、子どもたちとたくさんお話もして楽しんでいます。
[PR]
by wakohoikuen | 2013-10-20 14:36 | 平成25年度
第61回運動会
a0323443_14351342.jpg

a0323443_14351534.jpg

旧北部小学校体育館にて 参加する全員(大人も子どもも含めて)で

準備運動を兼ねたわらべうたで心と身体をほぐし

運動会の期待を膨らませ始まりました。

子どもたちはおじいちゃんおばあちゃん、そしてお父さんお母さんに

見てもらえることがとてもうれしい様子で練習の時よりもたくましい走りを見せたり、

お遊戯も楽しそうに自分をアピールしていて運動会本番が今までで最も上手でした。

保護者競技、来賓祖父母競技も大人達の頑張る姿を見て一生懸命応援していました。

一つ一つプログラムを成し終えるごとに子どもたちは自信をつけ成長したように感じました。

家族のあたたかい眼差し、応援してもらう一声が何よりも子どもの成長につながったのではないかと感じます。
[PR]
by wakohoikuen | 2013-10-06 14:34 | 平成25年度
おじいちゃん おばあちゃん ありがとうの会
a0323443_1432381.jpg

a0323443_14324117.jpg

大好きなおじいちゃん、おばあちゃんに『ありがとう』『大好き』の気持ちを伝える会を開くことを話すと、子どもたちができるおもてなしを考えました。

当日はたくさんの方にご参加頂き、子ども達は大喜び!祖父母の自己紹介から始まり輪つなぎの首飾りのプレゼント、事前に子ども達が製作した詩「夜店」の朗読やわらべうたを披露しました。

竹馬やゴム跳び、ボール遊び、折り紙、お手玉、鉄棒などで一緒に遊んだあと会食を行いました。最後に手づくり花瓶のプレゼントをして会を終えました。

お友達のおじいちゃん、おばあちゃん にも自分から声をかけ、一緒に遊ぶ姿がありました。子ども達の そのままの姿を温かく見守ったり、気持ちを受け止めてくださったりと優しいおじいちゃんおばあちゃん方に感謝の気持ちでいっぱいです。
[PR]
by wakohoikuen | 2013-09-21 16:10 | 平成25年度
夜店
今年の夜店は更にバージョンアップ!

出店内容は、焼きそば、フライドポテト、輪投げ、ラッキーナンバー、かき氷、焼きおにぎり、 焼き鳥、フランクフルト、綿菓子、金魚すくい、ジュース、ヨーヨーといった数多くの出店でした。

そして年長児さくらさんを中心に つくった子ども夜店『さくら・なんでもや』もあり、お客さんは子ども銀行で100円を2枚もらって手づくり商品を選ぶことができました。

『いらっしゃいませ〜』『ビーズはいかかがですかぁ?』『ありがとうございました!』などのように自分達がつくったものを買って もらえるうれしさが声や表情からうかがえました。

地元の野菜屋さん、お肉屋さんの安心安全な食材を使ったこだわりの焼き鳥、焼きそばをはじめお母さん方の手づくりのおにぎりは おいしさも愛情もぎっしりとつまってほかほかでした。

どの出店へいっても大人も子どもも会話が弾んで身も心も楽しい夜店となりました。 琉球国祭り太鼓の披露もありエイサーの踊り、獅子舞、力強い太鼓の迫力も感じることができました!

在園児、卒園児、保護者の方OBのお父さんお母さん地域の方のご協力のもと、一年に一度のなつかしくほっこりとした楽しい時間を過ごす ことができました。
[PR]
by wakohoikuen | 2013-09-06 14:28 | 平成25年度
年長児お泊り会
a0323443_14274676.jpg

a0323443_14274989.jpg

a0323443_14275117.jpg

お泊まり会を迎えるまで『あと○日!』とわくわくして待ち遠しい姿が見られ、年長さんだけ の特別な会を楽しみにしていました。 事前に夕食の旗作りやランチョンマット作り、キャンプファイヤーの時に歌い遊ぶ曲を考え合 いました。 当日、1日めは夕食クッキング、スイカ割り、みんなで夕食、キャンプファイヤー、夜の探検、 お風呂と、いろんな活動を行い、2日めは多久聖廟、西渓公園、天ケ瀬ダム等、多久を散策しました。 クッキングの時かぼちゃ1個全部を1人で包丁で切る子がいたり、スイカ割りでは『右!右!』 など声を出して率先して助ける子がいたりして自信が持てたり、協力し合う様子がたくさんあ りました。 キャンプファイヤーの炎を囲んで和やかで厳かな雰囲気や初めての夜の保育園を探検するなど、 日常にはない活動を心豊かに楽しんでいた子どもたちでした。
[PR]
by wakohoikuen | 2013-08-03 14:26 | 平成25年度
乳児保育参観
a0323443_14244912.jpg

a0323443_14245652.jpg

保育園のホールにて野原の子(0歳児クラス)、森の子(1、2歳児クラス)とその保護者の方々 と保育参観を行いました。 子ども達の園生活(遊びと食事の様子)のVTRを保護者の方に観てもらい、共にわらべうたを 楽しんでいただきました。 園での子ども達の姿をVTRで観てもらう事で『安心した』『家で食事する時のかかわりや声かけ など園と同じようにやってみよう』など たくさんの声を聞くことができました。 大好きなお家の人のひざの上でのわらべうたは子どもたちにとって、とても心地良く楽しかっ たようで笑顔がたくさん見られました。 ほっと一息タイムとして園手づくりのおやつを食べてもらい、実際に各クラスで子ども達が食 事する姿を保護者の方々に見ていただきました。 園と家庭で共通理解や信頼関係を築いていく事は子ども達の育ちにつながると感じました。
[PR]
by wakohoikuen | 2013-07-20 14:24 | 平成25年度